カードローンでウソの申告は絶対にNG

業者からお金借りる場合、審査が行われるので、その審査に通るかどうかが不安な人も多いと思います。

 

特に初めてお金借りるという人はその不安も大きいことでしょう。

 

その審査は申し込みの時点で、あなたが記載した情報を元に審査が行われていきます。

 

そこで、年収や職業を記載することになりますが、自分の年収に自信がないからもう少し多めに記入した方が良いのではないだろうかと考えたり、もっと安定した収入と判断されそうな職業を記入した方がよいのではないだろうかと考えて、ウソの申告をしようかという考えが頭をよぎる人もひょっとしたらいるかもしれません。

 

しかし、そのようなウソの申告は絶対に行うべきではありません。審査では身分証明書や収入証明書などで、申告された情報が正しいかをしっかりとチェックされますし、申告した職場へ業者から電話がいって本人が本当に在籍しているかはチェックされます

 

その際にウソの申告したことがわかれば、審査に通ることが出来ずにお金借りることは出来ません。さらに、その情報が賃金業者全てが確認することができる信用情報に記録されてしまうので、他の業者に申し込みをしても審査に通らなくなってしまうのでしょう。

 

どこの業者もウソをついてお金を借りようとした人であることがわかっていてお金を貸そうとは思いませんよね。収入証明書の提出が必要ないケースでは、収入をウソついて申告することも不可能ではないかもしれません。

 

しかし、ごまかして借りることが万が一できたとしても、そのような無理な借入は返済に困窮することになるでしょう。


即日でお金を借りれるカードローンはこちら