信用情報とは何か

皆さんは、金融機関などでお金借りる際に、いっぺんに何社も申し込みをすると審査に通らなくなってしまい、お金借りることができなくなってしまうということを聞いたことはありますか?

 

もし、収入はきちんとあるしそんな大きな額を借りようとしているわけではないのに何故か審査に落ちてしまったという人で、何社もまとめて申し込んだという人は、そのことが審査に落ちる原因となっている可能性があるでしょう。

 

しかし、他のところにも申し込みはしたけど、そのことを業者には話していないから、まとめて申し込んでいることは知られているはずがないと思う人もいるかもしれませんが、こういった情報を賃金業者は全て把握することができるのです。

 

このような情報は信用情報機関というところに全て記録されていて、その情報を賃金業者は共有することができるのです。よって、お金借りるための申し込みがあった場合、業者は審査の際にその人の信用情報をチェックされるのです。

 

よって、この信用情報をチェックすれば、その人が一度にいろんなところに申し込んでいるということがわかってしまい、この人は要注意人物だという判断をされてしまうのです。このような人たちは申し込みブラックと呼ばれています。

 

申し込みブラックの他にも、過去に借り入れをした経験があって、滞納や遅延をした経験があるという人は、その情報も信用情報に記録されていることになるので、審査に大きく影響することになります。


即日でお金を借りれるカードローンはこちら