今すぐお金借りるなら即日融資も可能なカードローンが便利!

カードローンの金利で悩んでいる女性

今すぐお金を借りるなら、大手のカードローンを利用することをおすすめします!

 

カードローンには、消費者金融・銀行系・信販系など、無数にありますが、「いったいどこのカードローンが一番いいのかわからない!」と思う方が多いと思います。

そんな方向けに、利便性が高く、最短60分でお金を借りれるカードローンをご紹介します!!

 

今日中にお金を借りるなら、近くにカードローンの契約機や店舗がある大手カードローン会社を選んだほうが、間違いなく当日中にお金を借りることが出来ます!!(※審査通過した場合)

 

お金を手にするまでの流れとしては、「ネットから申込⇒審査通過⇒無人契約機で契約⇒カード発行⇒ATMで引き出し」になります。

 

申込みは無人契約機や有人店舗でも可能ですが、店舗では申込用紙に住所や勤務先情報を書いて、審査を待ってと時間や手間がかかるので、ネットから申込をする方が効率が良く、審査が通過してから無人契約機に行って契約をした方が一番早いです。

今すぐお金を借りれるカードローンランキング!

プロミス【最短1時間融資】
プロミスの特徴
プロミスは、平日の14時までの契約して、14:50までに振込手続きをすると最短10秒で銀行口座に振込での借入ができます。

ジャパンネット銀行・三井住友銀行のどちらからの口座をお持ちの場合は、平日の14:50以降や土日祝日でも24時間365日いつでも利用可能です。
すべてWebで申込から借入までできるWeb完結も可能で、返済方法を口座振替を選択して、プロミスカードの発行なしを選んで契約するとカード発行・郵送物なしでご利用できます。
初めての契約で、借入日の翌日から30日間無利息サービスもあります。

アコム【審査最短30分】
アコムの特徴
楽天銀行の口座をお持ちの場合はアコムがおすすめ!

アコムは、楽天銀行の口座をお持ちの方は、当日中に契約完了すると24時間いつでも借入か可能です。
初回のみ三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座をお持ちで、平日の18時までに振込依頼すると19時までに銀行口座に振込での借入もできます。
初めての契約で、契約日の翌日から30日間金利0円サービスも利用できます。

モビット【WEB完結で電話連絡なし】
モビットの特徴
WEB完結で電話連絡なしのモビット!

三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行のどちらからの普通預金口座と、社会保険証をお持ちの方は、モビットのWEB完結に申込み可能で、電話連絡なし・郵送物なしの振込での借入もできます。
平日の9:00〜14:50までに手続き完了で即日振込も可能です。

お金を借りる前にしっかりとカードローン会社を比較!

カードローン会社 金利 融資ピード 無利息期間
プロミス 4.5%〜
17.8%
最短
1時間
借入日の翌日から
30日間
アコム 3.0%〜
18.0%
最短
1時間
契約日の翌日から
30日間
モビット 3.0%〜
18.0%
最短
即日
なし

最短融資スピードは、ダントツでプロミスとアコムが早く、プロミスとアコムを比較して見てみると、無利息期間がありますが、プロミスが借入日の翌日で、アコムは契約日の翌日からとなっていますが、契約してすぐに借入する場合はどちらも同じですが、契約をして2日後に借入する場合はプロミスの方が30日間きっちり有効に無利息期間を使うことが出来ます。

必要な分だけお金を借りるようにしましょう!

銀行や消費者金融で簡単にカードローンが利用できる時代になりました。

 

インターネットで申し込みから契約まで完了でき、条件が揃えば即日融資が受けられるようにもなっています。

 

気軽に誰でも借りられるようになったので、身近なものになっているのですが、やはり「お金を借りる」のですから、借り方には注意しなければなりません。

 

よく、キャッシング(カードローン)は「悪いもの」だという人がいます。キャッシングをする時に何となく後ろめたい気持ちになるという人もいます。しかし正しく使えば決して悪いものではありませんし、良い点もたくさんあってキャッシングに救われたという人もたくさんいるのです。

 

お金を借りる時(キャッシングなど)は、本当に必要な額だけを借りるようにします。キャッシングの場合、利用限度額が審査によって決められますが、その限度額いっぱいまで借りる人がいます。本当に必要な額だけ借りればいいのに、お金はたくさんあった方が良いと考え、限度額まで借りてしまうのです。

 

借りるということは、金利がつくのでその分を返済しなければいけません10万円借りるのと、限度額が50万円だとして50万円借りるのとでは金利の額がかなり違ってくるのはわかるでしょう。自分のお金を口座からおろしたような錯覚に陥るのですが、これはしてはいけないことです。

 

本当に困った時に自分の必要な額だけ借りるようにすれば、便利なものですから上手に利用するようにしましょう。

 


お金を借りる際の条件である安定収入とはどの程度?

お金を借りる際には、条件として安定した収入があることとされていることが多いです。

 

では、安定した収入とはどういった点が目安になるのかと言うと、公務員の方や会社にお勤めの方であれば基本給として毎月決まった額が支給されることから安定していると言えます。

 

しかし、時給制で働いているとすれば、毎月収入は変動する可能性があります。とは言え、消費者金融などでは高収入を得ていることが安定の目安となっているわけではありません。

 

収入の額は、もし借りられることになった場合の融資限度額を決める際に関わってくるのです。肝心なのは毎月きちんと返済ができるかであり、アルバイトやパートで収入を得ているのだとしても毎月きちんとお給料を得ているのなら、業者側も返済ができると判断するのです。

 

もし収入に月によってばらつきがあったなら、多かった方を申告するのではなく、1年の総額を申告することがカギです。月によって収入額に変化がある方よりも、毎月同額を続けてもらっている方の方が評価が高くなるのです。

 

また、長く勤務していることや勤務時間の長短も審査に関係するでしょう。最低でも6か月間ほど同じ職場で勤務されていることが重要ポイントです。ということは、長期間辞めずに働いてきたということですし、今後も辞めることはないだろうと判断できるからです。

 

そうなると、収入も安定してもらうことができるからです。働き始めてまだ日が浅い場合には、勤務を重ねて6か月以上経ってから申込むことがベストです。


キャッシングに申込むなら無利息期間がある業者もうってつけ!

キャッシングをするなら、無利息期間が設けられている業者に申込むこともポイントです。

 

その中でもプロミス・アコムなどは無利息期間が長く設定されている点が特徴です。初回であれば30日間利息がかかりません。

 

借りたお金を30日以内に完済できたなら、利息を支払う必要がないということです。

 

もし完済はできなかったとしても、30日間の間にできるだけ返済ができていれば、後になってからも利息が少なくて済むことになるでしょう。できるだけ金利の低い業者に申込もうとする方もいらっしゃるかもしれません。

 

ただ、低金利の業者は審査が厳しい傾向にあることが少なくないことも覚えておきましょう。

 

無利息期間は、契約した日の翌日からというパターンと、初回借入日の翌日からになるケースの2種類あります。注意したいのは、契約した日の次の日から無利息期間が始まるケースでは契約した次の日には期間が始まってしまいます。

 

よって、もし実際にお金を入手できるまでに時間が開いてしまうのであれば、無駄に無利息期間が減ることになってしまうのです。無利息期間の間に返済の期日が来ることもあるかもしれません。そういった場合には通常通りに返済はする必要があります。

 

しかし、延滞してしまった場合にはその延滞した時から金利が発生してしまうことになり、無利息期間は終わることになりますので、注意しましょう。また、延滞した場合には無利息期間自体がなかったことになり、最初から金利が発生することになるケースもあります。


即日でお金を借りれるカードローンはこちら

更新履歴